助産師のカリスマを目指して


by jh9wmmwoq0
 副幹事長解任を巡る「生方ショック」のなのか、鳩山内閣の支持率がいよいよ30%割れ目前に迫ってきた。30%割れは「危険水域」といわれる水準で、不支持率も50%を超えた。

 「政治とカネ」の問題や普天間基地の移設問題に加えて、民主党の小沢一郎幹事長を批判した生方幸夫副幹事長の解任が一時決まった問題では、「言論の自由がない」民主党内のようすが露わになり、大きなイメージダウンとなって追い討ちをかけた。

■「政治とカネ」で政党支持率も急落

 内閣発足時に70%超の高い支持率を得ていた鳩山内閣が、わずか半年で半分以上に急落した。テレビ朝日が2010年3月20日、21日に実施した世論調査によると、鳩山内閣の支持率は2月の調査時と比べて15.3ポイント下がり、30.0%に落ち込んだ。政党支持率でも民主党は8.6ポイント下落して31.6%。自民党は3ポイント上がって27.4%と差が縮まった。

 また、産経新聞とFNNが同日に実施した合同世論調査では、鳩山内閣の支持率は前回調査(2月6日、7日)に比べて12.3ポイント減少して30.5%となった。不支持率は53.9%。前回調査から7.8ポイント上がって、内閣発足後初めて50%を超えた。

 民主党への支持率も、前回調査から7.5ポイント減少して25.4%に落ち込んだ。一方、自民党の支持率は0.6ポイントとわずかに上昇して18.8%だった。

 夏の参院選(比例区)への投票先でも民主党は7.6ポイント減少の29,4%となった。一方で自民党に投票するという人が0.8ポイント増えて24.0%と、その差は前回調査より8.4ポイント縮んだ。「過半数」をめざす民主党にとってはうかうかしてはいられなくなってきた。

 内閣支持率が急落している背景には、民主党の「言論封殺」への批判が高まっていることにある。いわば「生方ショック」ともいえる事態だ。

■横粂議員発言で「言論封殺」イメージさらに広がる

 テレビ朝日の調査では、民主党の小沢幹事長を批判して一時解任が決まった生方副幹事長の問題について、「民主党の対応に問題がある」と答えた人が76%に上った。小沢幹事長の「独裁体制になっている」との指摘についても、76%が「そう思う」と回答した。

 産経・FNNの調査でも、普天間基地の移設問題や「政治とカネ」への問題の対応などで揺れる鳩山首相の「指導力不足」を指摘する人は少なくない。生方副幹事長の解任問題も、72.3%が「評価しない」と答えている。

 鳩山内閣しいては民主党の支持率低下に伴って、幹事長に居座り続ける小沢氏への批判は民主党内からも強まり、執行部を痛烈に批判する幹部も現れた。

 一方で、「生方問題」について聞かれた若手の横粂勝仁衆院議員がテレビのインタビューに応えている最中に、萩原仁衆院議員が「もうあかん、こっち来い」と発言を遮ったシーンが放映されたことで、民主党の「言論封殺」のイメージはさらに広がった。

 こうした中で民主党は2月23日、副幹事長を解任する方針を決めていた生方氏に続投を要請。生方氏もこれを受け入れた。小沢幹事長が「もう一度いっしょにやってくれないか」と、生方氏に伝えたという。

 世論の批判を受けて解任の方針を転換した形だが、民主党内に小沢批判がくすぶっていることに変わりなく、ゴタついている印象は拭えない。


■関連記事
生方民主副幹事長解任 蓮舫議員「違和感しか残らない」 : 2010/03/19
小沢幹事長と創価学会接近説 参院選後に「民主-公明連立」? : 2010/03/03
小沢幹事長進退が再浮上か 長崎と町田で民主系候補惨敗 : 2010/02/22
司会者が番宣者にダメ出し 「なにしに来たの?」 : 2010/03/19
「クリエイターの理想郷を作りたい」 シグナルトークの挑戦 : 2010/03/23

清水一行さん死去=「動脈列島」など経済小説(時事通信)
雑記帳 新種?肉食恐竜の全身骨格を復元(毎日新聞)
<民主東京都連>菅副総理の会長辞任決める(毎日新聞)
<中日本ボクシング協会>元幹部3800万円横領か(毎日新聞)
森田さん、桜開花予想的中のはずが目前で散る(スポーツ報知)
[PR]
# by jh9wmmwoq0 | 2010-03-23 20:10
 「川崎ちゅうのはね、ガラの悪い下町やと思っとったら、やっぱり見識がある」

 民主党の石井一(はじめ)選挙対策委員長は16日夜、都内のホテルで開かれた民主党の城島光力(こうりき)衆院議員(神奈川10区=川崎市川崎、幸、中原区選出)の会合で、問題となりそうな発言を行った。

 城島氏が昨年8月の衆院選で東京13区から神奈川10区へ国替えして立候補し、復活当選を果たしたことから、地元の有権者に感謝の気持ちを示そうとしたとみられるが、石井氏は脱線発言だと気づいたのか、すぐに「あまり変なことをいうとまた新聞に書かれるからほどほどにしとく」と取り繕った。

 石井氏は今年2月にも、鳥取県選出の民主党参院議員が開いた都内での会合で、「鳥取県とか島根県といったら、日本のチベットのようなもの」と発言し、鳥取県市長会などから抗議を受けたばかり。党内からも「選挙の責任者なのだから発言に注意して」(中堅)との声が出ていた。

【関連記事】
民主・石井一氏の「島根や鳥取はチベット」発言に市長会抗議
「検察、もっと公正に」石井一議員が会見 報道批判も
小沢氏に嫌われた!? 前田日明氏、民主候補ハズシのワケは
証人の石井一議員「国会行かずゴルフ」 アリバイで口利き否定 郵便不正公判
石井一氏の“利益誘導”発言に首相「反省する」
20年後、日本はありますか?

<漢検協会>新理事長に池坊保子さんを内定(毎日新聞)
北、学校ぐるみで思想教育 生徒は「朝青」強制加入 保護者の寄付が活動費(産経新聞)
<DV>認知件数、過去最多 ストーカー行為も…09年(毎日新聞)
「なぜ自分のところにだけ」 強制執行に ホリエモン憤慨(J-CASTニュース)
鳩山政権半年、職ない・保育所足りない・期待なし(読売新聞)
[PR]
# by jh9wmmwoq0 | 2010-03-19 11:58
 インターネットで共犯者を募り、女性6人に暴行したなどとして、強姦(ごうかん)致傷罪などに問われている、住所不定、無職村上友隆被告(45)の裁判員裁判の第5回公判が15日、東京地裁立川支部(山崎和信裁判長)であった。

 検察側は「無差別、通り魔的で、強い計画性がうかがえる」として無期懲役を求刑した。弁護側は「無期懲役は感情的過ぎる」と訴え、結審した。

 検察側は、村上被告が被害女性をビデオで撮影しており、「血も涙もない」と主張。弁護側は、「検察側に裁判員を意識した過剰な演出がある」と反論した。

空き地で爆発音、車2台全半焼 茨城・神栖市(産経新聞)
インフル、流行指標下回る―患者6週連続減で(医療介護CBニュース)
「越山会の女王」佐藤昭子さん死去(読売新聞)
<みんなの党>参院選 比例代表の追加公認候補を発表(毎日新聞)
副操縦士、飛行中に操縦室でクルーと記念写真(読売新聞)
[PR]
# by jh9wmmwoq0 | 2010-03-17 22:06
 8割強が目の疲れを訴え、現場に近づけない人は2割−。オウム真理教による地下鉄サリン事件の被害者が、約15年を経た現在も目や体の疲れ、精神面の影響を訴えていることが15日、NPO法人「リカバリー・サポート・センター」(R・S・C、東京都新宿区)の調査で分かった。
 R・S・Cは毎年、被害者の無料検診を実施。昨年10、11月の検診は159人が受診し、34項目の症状について回答した。
 この結果、「目が疲れやすい」が85.1%で最も多く、過去3年間では毎年増加。「かすんで見えにくい」「遠くが見えにくい」も65%を超えた。
 「体が疲れやすい」は58.7%、「頭痛がする」は54.7%、「めまいがする」は50.0%で半数以上。「手足がしびれる」は42.5%だった。
 「眠れない」は32.4%、「現場に近づけない」は20.9%、「気力がなくゆううつ」は37.1%で、精神面の影響もうかがえた。
 「疲れに加え、昨年からめまいと耳鳴りがして通院中」「目が疲れ我慢できない」など症状の悪化を訴える人も増えているという。
 R・S・Cは事件から15年となる20日、新宿区内でシンポジウムを開催。活動にかかわってきた医師らが支援のあり方などを議論する。
 問い合わせ先 R・S・C事務局 電話03(5919)0878。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
オウム、青年層にターゲット=新規入信、事件時未成年が5割
オウム給付金、8割が申請=後遺障害は想定の4.6倍
地下鉄サリン「13人目の死者」=被害者救済法で認定
オウム新実被告の死刑確定=最高裁

<幻冬舎>業務上横領で元局長に実刑判決 東京地裁(毎日新聞)
小糸工業の小糸会長、会長職を引責辞任(レスポンス)
<トキ>「疑交尾」の画像を公開 環境省(毎日新聞)
堀江貴文氏に差し押さえ執行 ヒルズの自宅で競売も(スポーツ報知)
<ウインターラフティング>尻別川で人気に 北海道倶知安町(毎日新聞)
[PR]
# by jh9wmmwoq0 | 2010-03-16 14:44
【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第5回公判】(11)

 《加藤智大(ともひろ)被告(27)に刃物で刺され、大けがを負った女性Gさんへの証人尋問が続く。Gさんは、途切れ途切れに消え入りそうな声で事件の様子を振り返っている。一方、加藤被告はうつむいたままで、硬い表情は変わらない。検察官は、Gさんが刺される直前に、秋葉原の交差点で何を見たのか質問していった》

  [図解] 秋葉原駅前 事件現場の見取り図

 検察官「それから、どのようなことがありましたか」

 証人「男の人が、道路の真ん中の方を見ていた警察官の人に近づいていきました」

 検察官「それから、どのようなことが起こりましたか」

 証人「男の人が、警察官の肩をポンポンとたたくようなしぐさをしました。それで、警察官の方が左側を振り返ろうとしましたが、そのとき、男の人が右手でおなかの高さのあたりを殴ったように見えました」

 検察官「男が近づいて、あなたが見ている前で警察官を殴ったのですね」

 証人「はい」

 検察官「おなかの高さのあたりを殴ったのですね」

 証人「はい」

 《証言を受け、検察官はGさんが座る証言台に置かれた地図で、男や警察官がいた場所に印を付けるように促す。傍聴席から見える大型モニターに、ペンでマークをつける様子が映し出された》

 検察官「その後はどうなりましたか」

 証人「警察官の方を殴っている様子を見た後、私は別の方を見ました。そして、もう一度顔をあげると、さっきの男の人が目の前に立っていました」

 検察官「1メートルも離れていないような距離ですね」

 証人「はい。ものすごく近くにいました。目の前に誰かがいると気付いた瞬間、おなかを殴られるような衝撃を感じました」

 検察官「どのような感触でしたか」

 証人「おなかを拳で強く殴られたような感触でした。息が詰まるというか…。『ウッ』となるような感じでした」

 《検察側の主張では、このとき、Gさんは加藤被告に殴られたのではなく、ナイフで刺されたとされる。しかし、検察官はあえて、「刺された」と“訂正”せず、そのまま質問を続ける》

 検察官「殴った後、犯人はどうしましたか」

 証人「私の後ろの方へ走っていきました」

 検察官「横を通り抜けて走っていった、ということですね」

 証人「はい」

 検察官「あなたを殴った犯人は、警察官を殴った男と同じ人ですか」

 証人「同じだったと記憶しています」

 検察官「あなたは、素手で殴られたのですか」

 証人「いえ、実際は刃物のようなもので切られていました。血が流れてきて、右手で押さえました」

 検察官「血はどのような感じで出てきましたか」

 証人「ポタポタと流れ出るような感じでした」

 検察官「男に殴られる前に、人に切られるようなことはありましたか」

 証人「いいえ。ありません」

 検察官「刺されたことに気付いた後、何か見たものはありますか」

 証人「自分が立っていたすぐ近くの地面に、鞘がついたナイフのようなものが落ちていました」

 検察官「それを見て、どう思いましたか」

 証人「鞘に入った状態で落ちていたので…。何かよく分からず混乱しました」

 《一言一言を確かめるように、証言を続けるGさん。しかし、ときおり言葉に詰まり、傍聴席から聞き取れないほど小声になってしまう》

 《背中を丸めてうつむき加減の加藤被告は、視線を手元の方に落としていた》

 検察官「犯人から殴られた警察官は、その後どうしていましたか」

 《ここでも検察官は「殴られた」と表現しているが、この警察官は刺されて、けがを負っている》

 証人「警察官の方は血がたくさん出ていました。でも、犯人を追いかけて、一生懸命歩いていました」

 検察官「そのまま追いかけていきましたか」

 証人「いいえ、その場で立ち止まってしまいました」

 検察官「あなたは刺された後、どうしましたか」

 証人「周りに自分が刺されたことを伝えました。自分が背負っていた荷物を下ろして、傷を手で圧迫して止血していました。お医者さんだという方から『あおむけになって頭を下げて』と言われました」

 検察官「そばにやってきた人で、覚えている人はいますか」

 証人「通りがかりの人が助けに来てくれました」

 検察官「その後、警察官がやってきましたか」

 証人「はい」

 検察官「どんなことを聞かれましたか」

 証人「『犯人はどちらに行きましたか』『どういう人でしたか』などと聞かれました」

 検察官「あなたは何と答えましたか」

 証人「さっき見た犯人の服装や、メガネをかけていたこと、南の方へ走っていったことを伝えました」

 検察官「救急車が来るまで、どのようなことを考えていましたか」

 証人「とにかく、早く、早く来てもらって、周りで倒れている人を助けてほしいと思いました」

 検察官「あなた自身は軽傷だと思っていたのですか」

 証人「けがをしているのは分かっていましたが、意識はあったので…」

 検察官「実際の傷は軽傷だったのですか」

 証人「いえ。傷はおなかから背中側まで貫通していました」

 検察官「それは、生命の危険を感じない場所ですか」

 証人「いえ。腎臓を摘出しましたし、今も体には大きな傷が残っています。刃物が貫通したことを考えると、私はたまたま死ななかっただけだと思います」

 =(12)に続く

【関連記事】
(10)「頭を動かさない方がいい!」警察官に言われた被害者は… 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
被害者に証人尋問 「秋葉原殺傷 第4回公判」特集
目撃者が事件再現 「秋葉原殺傷 第3回公判」特集
犯人と呼ぶ弁護人 「秋葉原殺傷 第2回公判」特集
謝罪するネ申 「秋葉原殺傷 初公判」特集

「JALは沈んじゃった」=鳩山首相(時事通信)
民主・小林議員陳謝、進退は留保…地元で会見(読売新聞)
PSW養成の在り方で取りまとめ―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
阿久根市長は議会に出席を…市民団体要請(読売新聞)
都島の失跡社長 マカオで服役の男逮捕へ 府警 殺害・遺棄 自供から10年(産経新聞)
[PR]
# by jh9wmmwoq0 | 2010-03-11 19:29