助産師のカリスマを目指して


by jh9wmmwoq0

普天間問題で首相、改めて「5月末までに決着する」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は14日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について、「前から申し上げている通り、5月末までに決着する。米国、沖縄と全国、特に移設先にかかわる地域に理解をいただき、まとめていく。それ以上でも、それ以下でもない」と述べ、月内決着の方針に変わりはないと強調した。首相公邸前で記者団に答えた。

[フォト]鳩山首相「北東アジアで緊張感漂う事象ある」

 首相は13日夜、「5月ですべてできあがったということはなかなか難しいかもしれない」と語り、5月末決着を事実上、断念する考えを示していた。

【関連記事】
普天間の泥沼で逸した外交機会
「5月末決着」断念 約束守れぬ首相は辞めよ 現行案の決断が残された道
普天間5月末決着を断念 それでも首相は「続投」
「6月以降も努力する」鳩山、普天間決着断念も“居座り”表明
橋下知事 普天間問題で「要請あれば、関西で受け入れ検討」
少子化を止めろ!

医療・介護保険外サービスを創出―産業構造ビジョン骨子案(医療介護CBニュース)
普天間未決着でも首相は続投を=民主・細野氏(時事通信)
経営形態の見直しを提言=総務省の郵政専門委(時事通信)
結局、辺野古「埋め立て」へ…普天間移設(読売新聞)
パロマ元社長らに判決へ=CO中毒死、無罪主張−湯沸かし器事故・東京地裁(時事通信)
[PR]
by jh9wmmwoq0 | 2010-05-20 17:29