助産師のカリスマを目指して


by jh9wmmwoq0

決着先送りなら連立離脱も=普天間で国民新・下地氏(時事通信)

 国民新党の下地幹郎国対委員長は6日、那覇市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、政府が5月末までに出すとしている移設先の結論を先送りするなどした場合は、連立政権からの離脱を検討すべきだとの考えを示した。
 下地氏は「(先送りなどの場合は)連立を離脱すべきだ。(国民新党内で)強く主張する」と述べた。また、同飛行場をキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)へ移設するか、米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)へ統合するとした同党の移設案に関し、「15年の暫定使用が絶対条件だ」と強調した。 

【関連ニュース】
普天間先送りなら「深刻な事態」=岡田外相
普天間「半歩でも前進大切」=下地氏
平野、北沢両氏に注文=普天間「半歩先」行かないで
大島氏、普天間5月未決着なら退陣を=首相「国民への約束守る」
普天間現行計画「最も堅固」=決着先送りは多方面に影響

インフル患者5週連続減、注意報地域は増加(医療介護CBニュース)
介護報酬1800万円不正請求、2事業所指定取り消し―福岡(医療介護CBニュース)
スモーカー どこへ誘導? 「全面禁煙」通知 屋内対策に自治体悩む(産経新聞)
<枝野担当相>各省へのヒアリング開始へ 仕分け対象選定で(毎日新聞)
黒澤明財団、寄付金3千数百万円が不明に(読売新聞)
[PR]
by jh9wmmwoq0 | 2010-03-10 08:21