助産師のカリスマを目指して


by jh9wmmwoq0

子宮頸がんワクチン、公費助成を=女優仁科さんら実行委設立(時事通信)

 子宮頸がん予防ワクチンの公費助成を実現するため、女優の仁科亜季子さんらが2日、実行委員会を発足させた。国による助成の法案化を目指し、署名活動を行うとともに、若い女性に正しい情報を発信していきたいとしている。
 発起人は文化人、患者団体代表者、医療・教育関係者ら。仁科さんと、土屋了介国立がんセンター中央病院長が共同代表を務める。
 38歳の時に子宮頸がんを発症した仁科さんは、子宮や卵巣を全部摘出。手術から18年以上たった今も後遺症に悩んでいるとし「がんにならない方が絶対いい。ワクチンは神様からの贈り物だと思う」と強調した。 

ケータイ派? パソコン派? 上手にこなす若い世代(産経新聞)
【Web】「最後のメール」送るサービス(産経新聞)
民主、北教組ショック再び 労組丸抱え 白日に(産経新聞)
交通事故偽装、子ども4人にけが演技させる(読売新聞)
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)
[PR]
by jh9wmmwoq0 | 2010-03-07 06:36